FC2ブログ

Entries

メンテナンスを楽しむ(カルディアKIXドラグ部)

パーツはこれだけなので、あとは清掃・グリスアップして組むだけです。

まずスプールの汚れをウエス、綿棒、ハブラシを駆使してきれいにします。

砂利がひどいときはエアーダスターなども使うと効果的です。

DSCN9266.jpg

DSCN9267.jpg

次にドラグワッシャーの清掃です。

ここでパーツクリーナーを使う方が多いですが、私は違う方法でやります。

汚れた油をとるにはきれいな油を使う。油は油で制すことにしています。

ペーパーウエスでプレスするように水分や古い油分をある程度吸い出します。

そして新しいドラグ用グリスを塗布し、再度ペーパーウエスで吸い出します。

2~3回繰り返すと、とてもきれいなグリス浸透のドラグワッシャーが出来上がります。

DSCN9268.jpg

DSCN9269.jpg

DSCN9270.jpg

DSCN9272.jpg

続いて、ドラグラチェットもきれいに清掃します。

音出し用の溝(ギザギザ部)をハブラシできれいにすると気持ちがいいです。

DSCN9274.jpg

あとは、ドラグ専用のグリスをドラグワッシャーと接する部分に塗布します。

DSCN9275.jpg

DSCN9276.jpg

DSCN9277.jpg

ドラグラチェットの上側の部分(ギザギザがある面)は、

ドラグワッシャー専用のものより、持っていれば通常のグリスが良いです。

DSCN9278.jpg

最後にドラグリングを取り付けます。

収まるべき溝がありますので、よく見て装着してください。

DSCN9279.jpg

これで本来のドラグ性能復活です!



メンテナンスを楽しむ(カルディアKIXドラグ部)

それでは作業に入ります。

まずピンセットでドラグ部のパーツを押さえている五角形のバネ(ドラグリング)を外し

ます。意外とよく飛ぶので、ピンセットでつかんで離さないようにしてください。

1か所ある切れ目付近をつかんでから、順番に外していきます。

DSCN9260.jpg

DSCN9261.jpg


次に金色のプレート(ドラグラチェット)を外します。

その下にあるドラグワッシャーが一緒にくっついてきますので気を付けてください。

DSCN9262.jpg

くっついて出てきた黒い布っぽいものがドラグワッシャーです。

これが汚れていたり、乾いてへばりついていたりすると、

ドラグ性能が著しく低下します。

DSCN9263.jpg

これをきれいにしてグリスアップすれば本来の性能を取り戻せるのです。

もし破れていたりした場合は、新しいものに交換してください。

続きは次回です。



メンテナンスを楽しむ(カルディアKIXドラグ部)

今回はスピニングリール(カルディアKIX)のドラグ部をケアしてみましょう。

最近はダイワのATDなど、超高性能ドラグシステムが当たり前になってきました。

使い方に難しい点があるようですが、マスターすれば大きな武器になります。

今回はそのようなトップアングラーの話ではなく、日頃メンテナンスをしていて気づく

ドラグが正常に作動していない状態のリールを救出する方法です。

DSCN9162.jpg


Selffishでは工具を使用しての分解はお勧めしておりませんが、

スピニングリールのドラグ部については、異物が入り込み汚れやすいため、

定期メンテナンス毎では足りないことや、ピンセットさえあればできるケアなので

ご紹介いたします。

まず正常に動作していないというのはどういう状態なのか。

ドラグ内が乾いてカラカラの状態で、砂利など異物がたっぷり混入している状態。

これが最も多いです。

この状態の場合、ドラグワッシャーが座金にへばりついていて、スムーズなラインの

出は全く期待できません。

ATDのような超スペックなものではなくても、

せめて普通にドラグが動作する状態を確保することが重要です。

また、スタンダードクラスのリールは最新のものでない限り、それほど難しい構造には

なっていませんし、取扱いもそこまで神経質にならなくても大丈夫です。

最上位機種には一部バネが入っているものもありますのでご注意ください。

必要なものは、ピンセットとドラグワッシャー用グリス、綿棒・ウエス等です。

次回から作業開始します。



メンテナンスを楽しむ(ソルティガZ30)

今日はジギング用ベイトリールの最高峰ソルティガです。

青物ジギングといえば波しぶきを浴びやすい潮の早いエリアでの釣り、

獲物の暴れ方も尋常ではないため、どうしてもリールには過酷な環境です。

リールは移動中にも海水を浴び、使用していないタックルまで海水まみれ

になることが多い釣り、当然メンテナンスが必要になります。

このリールも工具なしで取り外しできるパーツがほぼありませんので、

水洗いメインのメンテナンスになります。

水洗いの注意事項については、電動リールを同様で、締めるところを締めて、

冷水シャワーを上からかけるのが基本です。

特にレベルワインドがないこのリールは、

海水を付けたラインをそのままスプールに巻き取りますので、

ラインおよびスプール部の水洗いが重要になります。

水洗いを終えたら陰干ししてから、防錆剤(魔法のヴェール)付ブラシで

隙間を逃さず、細部までブラッシングします。

DSCN9069.jpg

穴という穴をすべて綿棒で清掃します。
DSCN9073.jpg


この機種は非常によくやられているのが、本体カバーを止めるネジです。

分解はしませんが、このネジが固着すると、

分解ができなくなりメンテナンスが修理に変わります。

DSCN9071.jpg

オイルを少し注すだけで固着しませんので、ネジにオイルを少量塗布してください。

次にメカニカルキャップ内のベアリングとスプールシャフトに注油し、

メカニカル部のネジ山にグリスを塗布します。

DSCN9074.jpg
DSCN9075.jpg

稼働部にグリスまたはオイルを塗布します。 

DSCN9076.jpg

最後にスプールを高速回転し、ノイズを確認します。

ジャラジャラとノイズが出ていたら、Selffishに分解メンテナンスをご依頼ください。

このリールは簡単には壊れませんが、たまに破損しているのがスタードラグです。

強いドラグ力が必要な釣りであるため、ギチギチにドラグをロックして使うと壊れます。

ドラグを締めても締めても止まらなくなりますのですぐに分かります。

その場合はパーツ交換です。



メンテナンスを楽しむ(シーボーグ300MJ-L)

シーボーグ300MJ-Lのメンテナンス続きです。

電源コードからソケットまで電気関係部分のメンテナンスが終わり、

機械部分に入ります。

まず全体を防錆剤(魔法のヴェール)付ハブラシで磨きます。

水分が残っているかもしれない隙間はできるだけ丁寧にブラッシングしてください。


DSCN8893.jpg

ジョグダイヤルの溝にはコマセや魚の汚れがたっぷりついています。

DSCN8892.jpg

ブラシの入らない部分は綿棒で清掃します。

DSCN8894.jpg

摩擦を繰り返すクラッチレバー部はグリスを塗布します。

DSCN8895.jpg

最近の小型電動リールの場合難しいのですが、わずかに見える隙間から

レベルワインド部両端に少量注油します。


DSCN8900.jpg

最後にハンドルノブ部に注油して完了です。

DSCN8896.jpg

電動リールは工具なしで取り外しできる部分がほぼないため、

細部までのケアが難しいです。

したがって、水洗いがメンテナンスのほとんどになりますので、

定期的に分解清掃を専門業者にご依頼いただくのが良いと思います。

その時に、電気部分(ソケットや電源コード)の緑青や塩による腐食が原因で、

通電しない状態だと故障扱いになりますので、作業できない可能性があります。

日頃から電気部分だけはメンテナンスを心がけてください。



メンテナンスを楽しむ(シーボーグ300MJ-L)

水洗いが完了したら水分を乾燥させます。

締めておいたドラグやメカニカルを緩めて大丈夫です。

メンテナンスのご依頼がある電動リールで最も緑青の発生が多く、

状態の悪い部分は、どこだと思いますか?

電源コードを差し込むソケット部です。

ソケット部のお手入れは、メーカーの取説にも別項目で記載されていますので、

やはり相当塩分にやられやすい部分なのだと思います。

DSCN8888.jpg

この部分に緑青がついていると、電源が入らないという不具合に見舞われます。

元々グリスが結構たっぷりぎみに塗ってありますが、海水を含んだグリスになりま

すので、綿棒できれいに取り除いて新しいグリスを塗布しましょう。

ソケットの周りのネジ山の部分(銀色の部分)も緑色になっているものが多いので、

グリスで保護してあげます。

ここに差し込まれる電源コード側も同様にきれいにしてオイルを塗布します。

この穴の中は赤ちゃん用の綿棒がぴったり入ります。

DSCN8889.jpg

電源コードの反対側、ワニグチクリップ部もよく腐食しています。

常に油で表面を保護しで腐食がないように保てればマスターレベルです。

ワニグチクリップはハブラシを横にして挟んで引き出すと簡単に出ます。

DSCN8890.jpg

クリップ部もハブラシで丁寧に防錆処理してあげます。

DSCN8891.jpg

続きは次回です。



メンテナンスを楽しむ(シーボーグ300MJ-L)

今回は電動リール、シーボーグのメンテナンスです。

お客様から毎年多くのご質問をいただくのが、電動リールのお手入れ方法です。

電気部分がある機械であるため、ある意味スマホやパソコンに近い感じもあり、

水洗いということに抵抗を感じ、不安になるのは私も同じです。

釣行後のメンテナンスは一番安全なメーカー推奨の方法をベースに行います。

DSCN8885.jpg

まずラインをレベルワインドより内側に巻き込む場合は、

例の四角いテープをラインの先端に付ける方法(スティーズ103Hの第1話参照)で、

後々ラインが交差するというトラブルのないよう処置します。

電動リールと言えば沖釣りで使用するリールであるため、

使用後は海水分の付着が必ずあります。

また多くの場合コマセを使うため、生ものによる汚れも付着します。

そのまま放っておくと大変な悪臭を発し、家族より使用禁止令が出されます。

メンテナンスの最初は水洗いです。

メーカーの取説を見ると、水洗いOKなので中性洗剤を使って洗い流しましょう、

と書いてありますが、ここで誤解してはいけないのが、取説のイラストをよく見ると、

リールの真上からしか水をかけていません。

乾かす時もリールは常に上を向いています。

つまり水洗いOKとはいっても、リールを逆さまにして下から水をかけたり、

シャワーで下から車の洗車機のようにかけたらだめということです。

ちなみに取説では水の中にリールごと浸すことに禁止マークがついています。

それと30度以下の冷水で洗うことも記載されています。

Selffishおすすめの水洗いは、

リール上部より、シャワーで雨に打たれるように冷水で洗い流すこと。

そのときドラグやメカニカルブレーキなど締められる部分は締めておくことと、

スプールの奥に汚れを見つけても、シャワーで深追いしないこと、

がキモであると考えています。

ちなみにリールの真上から見て明らかに水が入りそうな隙間には、

シャワーをかける前にテープなどでカバーしておくと安心です。

DSCN8886.jpg

DSCN8887.jpg

続きは次回です。



メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

スティーズ103H最後の工程、サイドカバー部です。

こちらも他のパーツ同様、全体のハブラシ清掃、防錆処理を行います。

次にセンターにあるベアリングにオイルを注します。

やはりほんの少量です。このベアリングはスプール回転に直結するため、

回転不良になっていると飛距離が著しく低下します。

DSCN8595.jpg


いつも通りキャストしているのに、目標よりだいぶ手前にショートする、

なんていうことを感じたら、これです。

このベアリングは取り外してチェッカーを使って状態を確かめるのが一番ですが、

スプールを本体に装着した完全な状態でスプールを指で弾いて勢いよく回転させ、

耳を近づけてよーく音を聞いてください。

ジャラジャラ、コロコロなど聞こえたら交換です。

このパーツで意外に重要なのが、マグネットブレーキの動作確認です。

この機種あるいはこれ以前の機種も、接着されたマグネットが外れて動いてしまう

ことにより、ブレーキが常にマックス状態でかかるという不具合によく出会います。

チェック方法は、まずブレーキダイヤルをマックスにし、マグネットに印をつけます。

DSCN8597.jpg

そしてダイヤルをミニマムに回した時に印が動いていれば正常です。

外れていると印が同じ位置から動きませんので直さないといけません。

DSCN8598.jpg


直し方は接着すればいいのですが、ちょっとデリケートな部分もあるので、

自信のない方はSelffishにお申しつけください。

スティーズはこれで完了です。次回は電動リールのメンテナンスをご紹介します。


メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今日はスプール部です。

まずスプールは他のパーツと違い、非常に軽くないといけません。

そのためとても薄く、硬い金属でできていますので、ちょっとした衝撃で変形します。

スプール軸は丈夫なので心配ありませんが、

最も弱いのがスプールのエッジ部分(本体フレームの内側に隠れる部分)です。

テーブルから床に落とそうものなら、エッジ部分は内側にしっかりと変形します。

この金属の特徴なのですが、一度は曲がりますが元に戻すと割れます。

したがって変形してしまうとかなりまずいことになりますので、

万一の場合に備え、必ずペーパーウエス(何枚か重ねて)の上で作業しましょう。

さてスプールのケアですが、まず全体をブラシで清掃するのはいつも通り。

スプールエッジの内側は綿棒で慎重に清掃します。

清掃後にベアリングに注油します。

DSCN8592.jpg

そしてこれが結構重要なのですが、スプールシャフトピン(スプールシャフトの根元にくし刺しになっているピン)

に、ほんの少しグリスを塗布します。

このピンはピニオンギヤの溝にスライドしながら入るため、ギヤが非常に摩耗しやすいのです。

またカタカタとノイズが出る部分なので、グリスにより消すことができるのです。

DSCN8593.jpg

次回はサイドカバー部です。


メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今日は本体の続き、ピニオンギヤ部のケアです。

スプールを外すと現れる金色(真鍮色)の物体がピニオンギヤです。

分解する方は分かると思いますが、このピニオンギヤには、

上と下の2か所にベアリングがついていて、スムーズに高速回転するように

なっています。

このベアリングが錆びてピニオンギヤに固着した状態のリールをよく見ます。

こうなるとクラッチが切れません。レバーが全く下がりません。

力づくで下げるとプラスチックパーツなので割れてしまいます。

このようなことにならないよう日頃からケアしておきましょう。

ピニオンギヤの周りの少し見える銀色の輪がベアリングです。

そこにほんの少量、ほんとにわずかな量を注油します。

注油の量が多いとシャラシャラというノイズの原因になりますので要注意です。

DSCN8589.jpg

さらにピニオンギヤの凸凹部に薄くグリスを塗布します。

これはハンドルを回したときにカシャカシャ音がするのを防止し、

摩耗を抑えるためです。

DSCN8590.jpg

これで本体側のメンテナンスは完了です。

次回はスプール部です。


Appendix

プロフィール

Selffish

Author:Selffish
「Selffish(セルフィッシュ)」とは、

Self(自分の)+ Fish(魚)を釣るという意味...と、

それをみんなと同じようにではなく、Selfish(自分流に)楽しむという意味...を合わせ持つ言葉として作りました。

よろしければご一緒に自分流を楽しみませんか?

「本気」で「遊んでいる人」は、きっと昨日と今日の違いを知っています。

クオリティに「こだわり」を持った楽しみをご紹介できるように活動してまいります!


ホームページ
http://selffish.jp/

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR