FC2ブログ

Entries

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今日はスプール部です。

まずスプールは他のパーツと違い、非常に軽くないといけません。

そのためとても薄く、硬い金属でできていますので、ちょっとした衝撃で変形します。

スプール軸は丈夫なので心配ありませんが、

最も弱いのがスプールのエッジ部分(本体フレームの内側に隠れる部分)です。

テーブルから床に落とそうものなら、エッジ部分は内側にしっかりと変形します。

この金属の特徴なのですが、一度は曲がりますが元に戻すと割れます。

したがって変形してしまうとかなりまずいことになりますので、

万一の場合に備え、必ずペーパーウエス(何枚か重ねて)の上で作業しましょう。

さてスプールのケアですが、まず全体をブラシで清掃するのはいつも通り。

スプールエッジの内側は綿棒で慎重に清掃します。

清掃後にベアリングに注油します。

DSCN8592.jpg

そしてこれが結構重要なのですが、スプールシャフトピン(スプールシャフトの根元にくし刺しになっているピン)

に、ほんの少しグリスを塗布します。

このピンはピニオンギヤの溝にスライドしながら入るため、ギヤが非常に摩耗しやすいのです。

またカタカタとノイズが出る部分なので、グリスにより消すことができるのです。

DSCN8593.jpg

次回はサイドカバー部です。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://selffish001.blog.fc2.com/tb.php/496-42505eee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Selffish

Author:Selffish
「Selffish(セルフィッシュ)」とは、

Self(自分の)+ Fish(魚)を釣るという意味...と、

それをみんなと同じようにではなく、Selfish(自分流に)楽しむという意味...を合わせ持つ言葉として作りました。

よろしければご一緒に自分流を楽しみませんか?

「本気」で「遊んでいる人」は、きっと昨日と今日の違いを知っています。

クオリティに「こだわり」を持った楽しみをご紹介できるように活動してまいります!


ホームページ
http://selffish.jp/

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR