FC2ブログ

Entries

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

本体のメンテナンスの続きです。

次はレベルワインド部ですが、ここはベイトリールの中で

最も汚れやすい場所です。

ラインが拾ってくる泥、コケやアオコなどの汚れが、

ロッドガイドで半分そぎ落とされるものの、

充分な量でレベルワインダーに襲いかかってきます。

また、葦やラインの切れ端なども巻き込んでいることが多く、

構造上異物を取り込みやすくなっていることが分かります。

異物はピンセットで取り除き、ハブラシ・綿棒を使って丁寧に

清掃します。

それからクロスギヤの溝にグリスを筆塗し、両端にオイルを注します。

DSCN8585.jpg

DSCN8584.jpg

ついでにレベルワインダーのキャップ内にも注油します。

ここも錆びていることが多い場所ですので丁寧に。

DSCN8588.jpg

サイドカバー側のレベルワインド端のEリングにもグリスを塗布し、

ハンドルを回転させて馴染ませます。

DSCN8587.jpg

最後にレベルワインダーの穴を綿棒できれいに清掃します。

レベルワインド部はこれでOKです。

次回はピニオンギヤ部のケアをご紹介いたします。


関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://selffish001.blog.fc2.com/tb.php/494-1bc4d118

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Selffish

Author:Selffish
「Selffish(セルフィッシュ)」とは、

Self(自分の)+ Fish(魚)を釣るという意味...と、

それをみんなと同じようにではなく、Selfish(自分流に)楽しむという意味...を合わせ持つ言葉として作りました。

よろしければご一緒に自分流を楽しみませんか?

「本気」で「遊んでいる人」は、きっと昨日と今日の違いを知っています。

クオリティに「こだわり」を持った楽しみをご紹介できるように活動してまいります!


ホームページ
http://selffish.jp/

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR