FC2ブログ

Entries

日頃のメンテナンス方法について

釣行後のリールの正しいメンテナンス方法とは・・・

というご質問が非常に多くなってきました。

メーカーの取説に記載されているメンテナンス方法をはじめ、

いろいろと研究されている方などにより、

多くの方法が紹介されています。

どの方法が正しいかというと、

「ユーザーが快適に使える方法が正しい」ということです。

ユーザーの方が様々な意図で様々な方法を試しますので、

あれこれやってみたけどこの方法が一番と感じる方法が正解です。

さて、Selffishではどう考えているかというと、

これまで数多くのリールを見てきましたが、

塩による腐食と錆びが最も回復困難な状況で、

これは避けないといけないと考えています。

したがって海水分をできるだけ落として、

水分を乾燥させてから、オイルで錆びを防ぐ。

これに尽きると思います。

具体的には、冷水シャワーで雨に打たれるように

海水にさらされやすい部分を洗い流します。

リールの設計段階で大雨の中での釣りは想定されていると

思いますので、この方法はある程度安全だと判断しています。

その後、水分を拭き上げてから短時間の乾燥、

最後にオイルで仕上げる。という感じです。

この方法で使用しているリールが内部で錆びや

腐食を発しているケースは見たことがありませんので、

これで良いと思っています。

もちろんもっと効率的で良い方法があるかもしれませんが、

分解して内部まで水で洗うとか真水にドブ付けするという

方法はお勧めしていません。

もっともっとリールに優しい良い方法を研究していきたいと思います。

0000266956.jpg


Web site リール・メンテナンス【selffish セルフィッシュ】
03-6913-2506

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://selffish001.blog.fc2.com/tb.php/455-f57980bb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Selffish

Author:Selffish
「Selffish(セルフィッシュ)」とは、

Self(自分の)+ Fish(魚)を釣るという意味...と、

それをみんなと同じようにではなく、Selfish(自分流に)楽しむという意味...を合わせ持つ言葉として作りました。

よろしければご一緒に自分流を楽しみませんか?

「本気」で「遊んでいる人」は、きっと昨日と今日の違いを知っています。

クオリティに「こだわり」を持った楽しみをご紹介できるように活動してまいります!


ホームページ
http://selffish.jp/

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR