FC2ブログ

Entries

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今日はスプール部です。まずスプールは他のパーツと違い、非常に軽くないといけません。そのためとても薄く、硬い金属でできていますので、ちょっとした衝撃で変形します。スプール軸は丈夫なので心配ありませんが、最も弱いのがスプールのエッジ部分(本体フレームの内側に隠れる部分)です。テーブルから床に落とそうものなら、エッジ部分は内側にしっかりと変形します。この金属の特徴なのですが、一度は曲がりますが元に戻すと...

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今日は本体の続き、ピニオンギヤ部のケアです。スプールを外すと現れる金色(真鍮色)の物体がピニオンギヤです。分解する方は分かると思いますが、このピニオンギヤには、上と下の2か所にベアリングがついていて、スムーズに高速回転するようになっています。このベアリングが錆びてピニオンギヤに固着した状態のリールをよく見ます。こうなるとクラッチが切れません。レバーが全く下がりません。力づくで下げるとプラスチックパ...

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

本体のメンテナンスの続きです。次はレベルワインド部ですが、ここはベイトリールの中で最も汚れやすい場所です。ラインが拾ってくる泥、コケやアオコなどの汚れが、ロッドガイドで半分そぎ落とされるものの、充分な量でレベルワインダーに襲いかかってきます。また、葦やラインの切れ端なども巻き込んでいることが多く、構造上異物を取り込みやすくなっていることが分かります。異物はピンセットで取り除き、ハブラシ・綿棒を使っ...

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

それでは作業に入ります。まず本体部分を防錆・防汚剤を含ませたハブラシで隅ずみまで清掃します。汚れがひどいときは、ハブラシをシリコンスプレーできれいにしながら作業を進めます。ハンドル側、ドラグ部も汚れや水分がたまりやす場所です。全体のブラシ清掃が完了したら、次はオイルケアです。ハンドルノブの付け根とノブ内部のベアリングに注油します。浸透性の高いオイルなら、ほんの少量で大丈夫です。本体のメンテナンス続...

メンテナンスを楽しむ(スティーズ103H)

今回はベイトリールのセルフメンテナンスです。ベイトリールは大抵スプールを取り外すことができますので、サイドカバーおよびスプールを外した状態でメンテナンスしていきます。その前に、ラインの処理をします。スプールを本体から外すとき、ラインをレベルワインドより内側に巻き込まないとなりません。このときただぐるぐると巻き込んでしまうと、後々トラブルの原因になります。ラインを巻き込むときは、ラインの先端がレベル...

Appendix

プロフィール

Selffish

Author:Selffish
「Selffish(セルフィッシュ)」とは、

Self(自分の)+ Fish(魚)を釣るという意味...と、

それをみんなと同じようにではなく、Selfish(自分流に)楽しむという意味...を合わせ持つ言葉として作りました。

よろしければご一緒に自分流を楽しみませんか?

「本気」で「遊んでいる人」は、きっと昨日と今日の違いを知っています。

クオリティに「こだわり」を持った楽しみをご紹介できるように活動してまいります!


ホームページ
http://selffish.jp/

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR